健康と美容にいい『梨』の季節がやってきました!

意外と知られていませんが、梨にはいろんな健康効果があると言われていて、古くから漢方薬として民間療法に使われてきた果物です。
『旬の味覚は健康の味』です。健康にもよいので、旬の梨をおいしく食べましょう!

梨の効果

梨には美味しい以外は効果ナシではありません。実はたくさんあるのです!
利尿作用効果(むくみ解消・二日酔いの軽減)、呼吸器系の炎症を抑える効果(せきや痰・のどの痛みの軽減)、
コレステロール値の抑制効果、高血圧予防効果、消化器系の働きを整える効果(便秘解消)などがあります。

梨の効能

二日酔いに効く

健康食品である梨を生で食べると効果があります。

利尿作用がある

梨には利尿作用があり、便通もよくなると昔から言われています。

解熱作用

梨には、さまざまな薬効があることが知られていますが、なかでも特筆すべきが解熱作用です。風邪で熱があり、のどが渇くときには、梨を食べると良いでしょう。熱をやわらげ、のどの渇きも抑えてくれます。

消化・疲労回復

ビタミンの含有量は多くありませんが、その代わりに消化酵素を含み、肉類のタンパク質を分解する作用があります。また、梨は肝臓を保護し、食物の消化を助けるといわれており、二日酔いでなくても、日ごろからお酒を飲む機会が多い方にピッタリです。また、アスパラギン酸が含まれているので、疲労回復にも効果的です。

美肌効果

梨を食べると肌に張りが出て若返り、肌荒れ防止など美肌効果が期待できるとされています。梨には、女性ホルモンの生産を高める働きがあるミネラルのホウ素が他のフルーツや野菜に比べてずば抜けて多く含まれています。女性ホルモンが血流によって肌のすみずみまで行き渡ると、肌の細胞が活性化されます。

食べるタイミング

梨に限らず、フルーツ全般をデザートとして食後に食べる方が多いのではないでしょうか。実は食後のフルーツは血糖値をグンと上げてしまうため、食べるべきタイミングではナシ!正解は食前、特に朝食前にコップ1杯の水を飲んで胃酸を散らしてから食べると良いとされています。おいしく健康に秋の味覚を堪能しましょう!

美味しい梨の選び方

 

美味しい梨の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。