阪急川西能勢口駅から徒歩1分。痛みが消える!ローリング療法・鍼灸治療・美容鍼灸

適応症と治療後の反応

治療実績のある症状の例

  • 腰痛:[ギックリ腰などの急な痛み] [慢性的な痛み] [分離・すべり症、椎間板ヘルニアなどによる痛み症状]
  • 膝痛:[変形による痛み(変形性膝関節症)] [曲がりにくい、伸びにくい関節の硬さ]
  • 肩痛:[肩こり] [五十肩などのつらい痛みや硬さ]
  • スポーツの症状:疲労、捻挫・打撲などのケガ、筋肉・関節などの動きの悪さ。
  • 自律神経の乱れ:頭痛、耳鳴り、便秘、下痢、睡眠障害、めまい、生理不順、疲労感など。

その他以下のような症状の方も来院されています
関節痛、冷え性、眼精疲労、貧血、高血圧、更年期障害、神経痛、リウマチ、 慢性疲労、 精神的ストレス、アンチエイジング、体がだるい、痩せにくい、赤ちゃんの夜泣き、その他慢性的な症状など、様々な身体の不調。
踵骨骨端症(シーバー病)、アキレス腱炎、シンスプリント、オスグット、腰椎分離症、腓骨疲労骨折などのスポーツによるケガ。

上記のような病気を未然に防ぐ”予防治療“にもローリング療法は最適です。
また、上記以外の症状でお困りの方も、まずはご相談下さい。
病院を受診されている方は、必ず担当医師の指示に従ってください。

特定疾患(国の定めた難病)に指定されている膠原病をお持ちの方も当院で治療を受けておられます。膠原病の中でも特に、強皮症全身性エリテマトーデスによる症状を楽にする成果が上がっております。これらの症状でお困りの方は一度当院にご相談下さい。

治療後の好転反応について

  • 反応の起こる理由は・・・?

体が健康な状態へと変化することを好転反応といいます。ローリング療法を行うとそれまで滞っていた血流がスムーズに流れるようになる為に必然的に起こるものです。例えると、普段運動をあまりしない方が急に運動を始めると、翌日などにひどい筋肉痛が起こったり疲れたりするのと同じように、体内で急激な変化が生じることと同じようなものです。
この反応は、注射や薬の副作用とは全く意味が違い、慢性的な症状を根本的に治すために起こるもので、回復へ向かう一過程なのです。

  • ローリング治療後の反応として以下の症状が起こる場合があります

①体がだるくなる ②微熱がでる ③眠気がさす、またはよく眠る ④痛みのある病気は一時的に痛みが増す
⑤吐き気がする ⑥かゆみがでる ⑦食欲が出過ぎる
※上記のような症状が、ときには2つ以上重複することもあります。

  • 反応が起こった時は・・・

痛みが強く出た場合は、まず安静にして当院にご相談下さい。
体がだるい、 眠くなる等の反応が出た場合、その反応に逆らわずよく眠ると回復は早まります。
食欲が出すぎる場合は、食べ過ぎないよう十分注意して下さい。水分を多めに摂ることをおすすめします。

  • 反応の特徴・・・

反応の早い人はその日のうちに、遅い人でも約1週間後には実感するでしょう。
ほとんどが1日か2日でおさまりますが、反応症状が3日以上続く場合には、他の疾患も考えられますので必ずご相談下さい。
ローリング治療の反応には個人差があり、反応が強く出すぎる方や、また比較的強度のローリング治療を行わないと効果を感じられない方もいらっしゃいます。

症状を1日でも早く治すためには患者様のご協力が必要です。わからない事などは、スタッフまで遠慮なくお申し出下さい。
ご来院できない場合は、お電話でも承っておりますので遠慮なくご相談下さい。

ご予約・お問い合わせ TEL 072-755-0595 診療時間 9:00 - 12:30 / 14:00 - 19:00
(水曜・祝日は17:00まで)
木曜午後・日曜休診

休診日カレンダー

  • facebook

スタッフブログ 最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 2014 Minohara Rolling Therapy Japan All Rights Reserved.